リフォーム・建築 不動産記事

冬場の給湯器にご注意を~給湯器が凍結しちゃったら~

投稿日:2021-01-22 更新日:

この間朝シャワーを浴びようとしたらお湯が出てこなくて調べたら給湯器が凍ってました!

朝からまあ大変でしたね!

どーも、Ponchaです(‘ω’)

ということで、本日は給湯器の凍結についてお話ししたいと思います。

ここ数年暖冬と言われたこともあって正直そこまで給湯器のトラブルはなかったのですが、一時都内でも雪が降り寒い年がありましたが、その時の給湯器の凍結の連絡は凄まじかったですね!

今回は、給湯器の凍結対策や、凍結してしまった時の対処についてご紹介したいと思います。

給湯器の交換についてこちらの記事を参考にして見て下さい

給湯器の交換をするには~給湯器の品番や種類が大事~

最初に言っておきますが、給湯器が使えないと冬は死にます・・。

 

関連記事はこちら

不動産購入にかかる諸経費って?~物件価格以外にも意外と費用が掛かる~

省エネ住宅のZEHって!?~ZEH住宅をわかりやすく説明~

 

近年は大変多くの情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。

営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?

本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。

リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。

建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

給湯器って凍結するの?

まず初めに、給湯器って凍結するのか?っというところ!

都心部やあまり凍結などに縁がない地域でも、急激に寒くなった際に凍結しちゃうんですよね!

もちろん、色々条件があるので、普段生活しているうえでは、正直そこまで心配する必要もないのですが、注意はしておいた方がいいですね。

寒冷地などは、路面なども含めて常に冬場は凍結防止の対策をしている上に、

凍結した際の対処法も知っているのでさほど問題はないのですが、

都心部の方は、そもそも凍結という概念が無いので、

お湯がでなくなった時凍結したという認識はもちろん給湯器が原因ということにも気づかない人が多いのも事実です。

まあ、それはそうですよね!

いきなりお湯がでなくなったら焦りますもんね!

お湯がでなくなったらまず給湯器の確認を

当然と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、知らない方のためにお伝えしておきます。

給湯器は、簡単に言うとお水をお湯に変えてくれる機械です。

ガスを通しているから勝手にお湯になっているのではなくて、水道管から来た水を給湯器を経由させることでお湯に変えているのです。

何故凍結をするかの原因を知る上でここ結構重要なんです!

給湯器のリモコンのあるお部屋、

お湯を捻ればお湯が出てくるお部屋

などなど色々あります。

給湯器を稼働させることで点火し、給湯器を通るお水を温めお湯に変え、蛇口からお湯が出るという仕組みです。

まあ、オール電化のお部屋は、電気温水器やエコキュートといったまた違ったものになるのですが、ややこしいのでまた別の機会でご説明したいと思います。

というわけで、お湯がでなくなった場合は、給湯器に何かしら問題が発生しているということで間違いないですね!

お湯がでなくなる原因

そもそもなんでお湯がでなくなってしまうのか。

これにはいくつか原因があります。

 

しばらく給湯器を使用していなかったことによる経年劣化

これは、凍結に関わらず良く起きることなので、注意した方がいいですね。

また、別の機会に詳しい記事を書きますが、給湯器の耐用年数は基本10年とされています。

10年以上も使用することもできますが、既にガタが来ていることが多いです。

そのため10年以上たっている給湯器は、しばらく給湯器を使用しなくなるとそのまま電源が入らなくなってしまい交換といったケースが大変多いです。

これは中古の家を買った際、しばらく空き家状態が続いていると発生するパターンです。

交換は高いから、修理で何とかして!

というお話しになるのですが、給湯器の年数が10年超えているとメーカーも部品がないんですよね。

そのため結局本体を交換することがほとんどです。

しばらく使用していない給湯器の場合は、年数などもチェックしてお部屋に住んでからいきなりお湯が使えないということが無いように注意しましょう。

ブレーカーをしばらく落としていたことによる凍結

都心部で凍結が発生しやすい一番多いケースが下記のパターン

お正月時期などに帰省するため、電気代の関係などで一時的にブレーカーを落とす

私の親もよくやっていましたね・・。

これは冬場に一番やったらあかんやーつです!

実は給湯器は電源を入れていない場合でも、凍結防止で多少なりとも稼働しているんですよね。

その為、ブレーカーを落としてしまうと、完全に電気が遮断されてしまうため、凍結防止の機能がストップしてしまいます。

そうなると、まあ大変!

給湯器の中にある水が凍結してしまうんです!

で、厄介なのがここから!

給水管・給湯管は、かなり耐久性があるのでそう簡単に破損することはありません。

しかし給湯器内部の管は、給水管などに比べて耐久性が劣ります。

そのため給湯器内で水が凍結すると、水道管からくる水圧に耐えられなくなってしまい、一番弱い給湯器内部の管が破裂してしまうんですね!

なので、お湯が出ないで済むなら良いほうです。

給湯器から水が噴き出ているという近所からの通報帰ってきたら外が水浸しになっている

ということで悲劇な状態で気づくケースがほとんどです。

給湯器の製造年数が古いと部品がなくなる

比較的新しい給湯器であれば、凍結による修理は部品交換で済みます。

しかし、年数がたっている給湯器ですと部品が無く本体交換となってしまうので、注意した方がいいですね。

ちなみに部品交換で材料費・作業費含め2~5万円ぐらいはかかります。

給湯器の交換となれば十数万円から何十万の費用が掛かるので注意しましょう。

部屋にいるのにお湯が出ない

普通に生活をしていて、お湯がでなくなった場合!

ここでのポイントは

蛇口から水は出るのにお湯にならないのか

お湯が根本的に出てこないかで大きく変わります。

おうちの洗面所やお風呂、キッチンの水栓でお湯にしているのに、水は出てくるのにお湯にならない。

これは、

給湯器のリモコンを入れ忘れているか

給湯器本体が壊れたか

のどちらかです。

ただお湯側に捻っても水すら出てこない場合は、

給湯器が凍結しているか、

途中の水道管が凍結してしまっている

かになります。

その場合は、一旦お湯は止めたほうが良いです。

お湯が出ないからといって、蛇口を開くと圧が掛かってしまい、管が破裂してしまう場合があります。

お水からキッチンなどでお湯を沸かして、水道管や給湯器の管にかけてあげて溶かすようにしましょう。

少しでも蛇口からお水が出だすと、徐々に管内の凍結が解消されてお湯が正常に出るようになります。

凍結が起きやすい地域や場所

凍結に注意といっても、簡単に凍結するわけではありません。

都心部でも頻繁に凍結が起きるようでしたら、性能を何とかしてくれって話になりますからね!

ではでは、凍結が起きやすい地域や場所というのはどういうところなのか。

給湯器の設置個所が外部で日当たりが悪い

給湯器は、そんな簡単には凍結はしません。

ただ、外部に設置していて且つ、日当たりが悪く気温が上がらない場所にある場合は注意が必要です。

特に風が直接当たる場所は注意が必要です。

これは、マンションでも戸建てでも該当します。

バルコニーなどに良く設置されていますが、日当たりが良ければよほどのことがなければ大丈夫です。

日中は気温が上がりますので凍結しそうでも、意外と元に戻るのでさほど心配はいりません。

また、マンションなどでは日当たりが悪い共用廊下のPS(パイプスペース)などに設置されていたりします。

しかしこちらも直接風を受けたりする場所ではないのでそう簡単に凍結することはないです。

ちなみに、マンションなどで隣のエアコンの室外機が給湯器の近くにある場合は、注意した方がいいです。

夜に回しているエアコンの室外機の風により凍結に拍車をかけてしまうからです。

同じマンションなのに、

こっちの部屋は凍結しない

でもあっちの部屋は凍結している

ということがたまにあります。

原因を探ってみると、室外機が隣にあったことにより夜中ずっとつけているエアコンの室外機の風が給湯器にあたっていて、結果夜中に凍結していた

というケースが結構見受けられました。

こればっかりは、正直近隣さんとのお話になってきてしまうので、水道管などに保温材を巻いたりして対応するしかないかと思います。

凍結してしまったら

もし凍結してしまったら、お湯などを掛けて一度様子を見る方が良いかと思います。

ただその際は、蛇口などはしっかり締め、理想は水道管の元栓を一度締めてからお湯などを掛ける方が良いかと思います。

それでも、治らない場合は、給湯器の故障だったりする場合もありますので、近くの設備屋さんなどにご相談するのが良いかと思います。

冬場の給湯器の交換にはご注意を!

給湯器が故障してしまって交換となった場合注意が必要です。

まず、給湯器は一見どれも同じように見えて実はかなり種類があります。

チラシやネットなどに給湯器がこのお値段!って書いてありますが、そもそもその商品が設置できるかというところ!

わかりやすく言うと、26㎝の靴の人が、23㎝の靴を買おうとするような感じです。全然合わないやん!って感じです!

交換するとなった場合は、まず品番を調べ後継品・代替え品を探す必要があります

在庫が無ければ、発注をするので少なくとも2,3日はかかってしまうでしょう。

さらに、在庫があったとしても、工事に行える作業員が手配できるかというところ。

この時期は、特に給湯器の交換が頻繁に発生しているので、壊れたから今すぐ直してと言っても、そんなすぐに直しに行けるものではありません。

かといって、冬場にお湯が出ないというのは、お風呂が入れない、冷たい水で料理や食器を洗わないといけないといった感じで、とにかく不便。

そうならないためにも事前に給湯器の年数や品番を確認しておくことをおススメします!

また、こちらの記事交換にあたっての注意点などご紹介してますので参考にどうぞ!

給湯器の交換をするには~給湯器の品番や種類が大事~



まとめ

いかがでしょうか?

今回は、この時期に良く起きる給湯器の凍結についてご説明しました。

都心部にいるとあまり気づかない現象ですが、寒い日が続くと都心部でも簡単に凍結は発生してしまいます。

冬の時期にお湯が使えないのは地獄です。

凍結防止の対策はしっかりするようにしておきましょう。

また、給湯器の年数も確認しておいて、ある程度年数が経っているのであれば交換を視野に入れておいた方がもしもの時安心ができます。

 

関連記事はこちら

不動産購入にかかる諸経費って?~物件価格以外にも意外と費用が掛かる~

省エネ住宅のZEHって!?~ZEH住宅をわかりやすく説明~

 

近年は大変多くの情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。

営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?

本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。

リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。

建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

ではでは(‘ω’)ノ





-リフォーム・建築, 不動産記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ネットでの中傷批判は日本だけ?~世界と日本の違い~

外人と話したくて英語を勉強しましたが全然身につかず、最終的にまずジェスチャーを覚えることにしました! どーも、Ponchaです(‘ω’) 有名になればなるほど、様々な人から注目 …

物件売却の際、どのくらいリフォームってした方が良い?〜現状のままで問題ない?~

早期売却ができるからと言って、個人の売主さんなのにハイスペック設備、個性的なクロス、絵にかいたようなリノベーションを行った方がいました! リノベーションが個性的過ぎてなかなか売れなかったー・・。(笑) …

賃貸住宅の仲介手数料の仕組み~仲介手数料は安くできる!?~

初めてもらったインセンティブで調子乗って高級時計を買いました。が、二日後に落として壊れました。その日から時計はスマホで十分と確信しました。 どーも、Ponchaです(‘ω’) …

マンションと戸建てで違うキッチンリフォーム~対面キッチンの検討~

キッチンリフォームする時、商品の荷揚げ問題が結構あるあるなのですが、一度9階まで大工さんと荷揚げしたことがありますが、荷揚げ後しばらく現場で死んでました・・。 どーも、Ponchaです(‘ …

上張りフローリングを検討する~上張りができない場合ってどんな時?~

昔、友達の家の床をDIYで上張りしたことがあります! びっくりするぐらい下手で、最終的に職人さんに仕上げてもらいました・・。 やっぱりプロってすげえ! どーも、ponchです(‘ω&#82 …

建築・リフォーム・不動産業界を渡り歩いた物件大好き人間(‘ω’)

擬音語で会話を成立させる奴(‘ω’)

3度ほどマジで地獄を味わったタフガイ(‘ω’)

人は意外とどこでも生きられます!(‘ω’)

海外と日本の住宅・不動産取引の懸け橋になれるように規模を拡大(‘ω’)

 

プロの第三者の目による不安を感じている方へのリフォーム・新築・不動産の相談所の所長(‘ω’)

住宅に関するセカンドオピニオン、建物トラブルバスター(‘ω’)

リフォームや設計や施工においてこれおかしくない?初めての住宅購入、お部屋を借りるといったご不安、解消致します! お気軽にご相談下さい!!(‘ω’)

賃貸不動産を考えているオーナーさん、住宅購入を考えている方などなど 会社に所属しないからできる上手な不動産購入のお手伝い・物件探し(‘ω’)

賃貸経営する上での物件探しや利回り、上手なお部屋作り(‘ω’)
物件購入後のリノベーションプラン(‘ω’)
裏話や込み入ったお話をしながら相談、購入等のお手伝い(‘ω’)

建築や不動産をやるために身に着けた風水や西洋占星術でたま~に占いの鑑定してます。
占いを全く信じない週末占い師(‘ω’)ノ

プライベートでは、スノボーとオフトレでスケボーやっています(‘ω’)

Facebook:https://www.facebook.com/poncha0729

公式LINEアカウント

ID検索⇒@549ktzrs poncha.jです!

QRコード:https://lin.ee/vzdPnpe

Instagram:@poncha.j

プライベートなこと発信してます。

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC3qoVcUinfaz6O4ZvgyFPyQ

最近放置してます・・。