リフォーム・建築 不動産記事

ペットに良いお部屋の床材は!?~床材にタイルカーペットを~

投稿日:2020-05-13 更新日:

どーも、Ponchaです(‘ω’)

前回、ペット飼育可のお部屋についてご説明させていただきました。

ペット飼育可の部屋探し~ペット飼育の基準って!?~

今回は、ペットを飼った後どのようなお部屋にしたほうが良いのかについてご説明したいと思います。

今回お話しする内容は、ペットの遊具についてご説明するのではなく、どのようなお部屋にすれば、メンテナンスが少なくて済むかといった飼い主・ペットの双方の悩みについてお話できればと思います。

何の対策もしないと、床や壁はどんどん傷がついていき、結果取り返しのつかない状態になってしまいます。

少し工夫をすることで、長い期間ペットと一緒に過ごしても、お部屋の劣化を抑えることができます!

今回は主に犬・猫に絞ってご説明したいと思います。

 

お部屋探しや、賃貸、売買の不動産に関するお問い合わせによるご相談承っています。

近年は情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼をする為の集客方法に過ぎません。

また、営業の言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?第3者の目によるアドバイス致します。

リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

現在のペット需要って!?

せっかくなので、今と昔のペット需要についてご説明したいと思います。

もともと、日本人はほかの国より、ペットを溺愛する民族といわれています。

特に犬や猫については、縄文、弥生時代から付き合いがあるとされているほどです。

ペットの需要というのは、1999年から年々増加しており、2004年ごろに一気に増え始めました。

2003年に子供の数よりペットの数が逆転してしまい、少子化が社会問題にもなりました。

ペットの需要は、少子化がどんどん進むにつれて、ペットを飼う家庭が、徐々に増え始めるだろうと予想だったのですが、2006年頃から実は減ってきているんですね。

現在もその傾向は進んでいるんですね!

ペットの高級化

今ご説明したように、ペットの数は減っている一方なのですが、意外なことに、ペットフードや遊具などの売り上げは、上昇傾向にあります。

これはつまり、1匹のペットを家族のように大事にしているという傾向が強く出ているようです。

今では、ペット同伴可能なカフェや旅館も増えてきました。

また、それに伴い、ペットのライフスタイルも大きく変化してきました。

わかりやすく言うと犬です。

昔は番犬として、外で飼うことが一般的でしたが、今ではペット飼育可のマンションなども増えてきたこともあり、

室内で飼うことの方が増えてきています。

より密接な関係を築き、家族として接するようになってきました。

現代のお部屋は、ペットにとっては不適格

家族として密接な関係になっているペットですが、それでも、やはりしつけというものは必要になってきます。

また、現在のお部屋は、皆さんが、安価でより快適な住空間で過ごせるように様々な工夫が施されています。

ただ、あくまでそれは、人間にとってであり、ペットにとっては現在のお部屋が必ずしも良いというわけではありません

床材はペット(犬・猫)の悩みの種!?

一昔前まで、カーペットのお部屋が主流でしたがダニが発生しやすい、汚れが落とせないといった理由から、フローリングが急増し始めました。

汚れなどをふき取れて、見栄えが良く、メンテナンスが容易なフローリングは今では、なくてはならない床材となっています。

ただ、ペットを飼う際にはいろいろと悩まされることが多いです。

ペットを実際に飼っている方のフローリングとペットの悩みの種です。

①爪で床に傷がつく

②抜け毛の掃除がしにくい

③食べこぼしや粗相等の汚れ

④ペットが滑る

⑤音が響く

フローリングになったことで、特に悩みの種となるのが、床が傷つく、滑りやすい、硬い、音が響くといったところでしょう。

絨毯の場合では、食べ残しや粗相等の汚れが、シミとなり一度ついてしまったらどうしようもなくなってしまいますが、その代りに、滑りやすい、床が傷つくといった悩みは基本ありません。

現在ではフローリングでも、上記のような悩みを解決できるような床材はいくつも開発されています。

ペット用のフローリング材とは

ペットの為にカーペットにしたいけど、汚れてしまった時のメンテナンスが大変だし、できればフローリングのほうがいい!というお客さんは、とても多いです。

そのため、各建材メーカーがペット用のフローリング材を開発しました。

ペット用のフローリングは、防滑の処理が施されているため、滑りにくく、傷がつかないような表面処理をしています。

そのため、どうしてもフローリングじゃなきゃいやだという方には、是非ペット用のフローリングにすると良いでしょう。

ただ、ペット用のフローリングは、種類があまり多くないので、柄や色が限定されていたり、金額が通常のフローリングより高いです。

また、フローリングを張る作業というものが、大工さんといった職人さんにお願いする形になるので、持ち家の方限定になります。

賃貸住宅の場合は、入居者さん側で対応はほぼほぼ無理だと思った方がいいでしょう。

タイルカーペットがオススメ!

 

今ご説明したような、フローリングについてですが、いくらペット用に改良したからと言って、フローリングはフローリング。

木材をベースにし表面の仕上げなどを加工しているにすぎません。

ですので、傷が決してつかないわけでもないですし、柔らかい素材でもありません。

そこで、おススメなのがタイルカーペットです!

タイルカーペットと聞くと、いまいちピンとこない方もいらっしゃいますが、オフィスビルなどの床に使われている、絨毯のような繊維素材の床材です。

商品については、専門的なお話になりますので、気になる方は是非調べていただければと思います。

タイルカーペットのメリット・デメリット

ペットを飼う上で、タイルカーペットは大変有効です。

そもそも、タイルカーペットが何故良いのか、メリット・デメリットについてお話したいと思います。

タイルカーペットのメリット

・施工や加工が簡単なため、自身でできてしまう

・部分的な張替が可能なので、汚れたところだけ張替ができる

・部屋全体だけでなく一部だけに張ることができる

・耐久性があり、爪等も引っかかりにくいカットパイルになっている

・デザインや色が豊富で安価

・床材の上に敷くため、音が響かない

こんなところです。

私的には、タイルカーペットというと、事務所というイメージが強いのですが、ペットを飼ったりするうえでは大変効果的だと思います。

まず、汚れをすべてタイルカーペットが吸収してくれるというところ。

フローリングも絨毯も汚れたからと言って、交換できるものではありません。

タイルカーペットは、サイズはまちまちですが、正方形のタイルを敷いていくため、部分的な張替が可能です。

そのため、おしっこなどを洩らしてしまって、シミになった、においが取れない、となった場合はその部分だけ張り替えてしまえばいいのです。

また、特別な工具が必要なく、加工などもカッターで切れます。(少し力は必要ですが)

そのため、素人でも比較的簡単に張ることができます。

また、素材もいろいろあり、防虫処理が施されているものがほとんどのため、ダニが発生する心配もありません。

パイルの打ち込みが高密度のため、ほつれたり、爪が引っかかったりしないので、メンテナンスがとにかく不要です。

種類も豊富なので、部屋のインテリアに合わせて選ぶこともできます。

タイルカーペットのデメリット

もちろん、デメリットもありますので、参考にしてみてください。

商品に対してより、手間などで感じる部分が大半ですね。

・接着剤や両面テープで固定すると、テープ跡が床に残る

・固定しないとずれてくる

・部屋全体に敷こうとすると、予想以上に手間がかかり大変

・端部の処理をしないとめくれてくる

・撤去が大変。ごみが嵩張る

といった感じですね。

素人でも簡単に施工ができるのが、タイルカーペットの強みでもありますが、それでも、やはりD.I.Yのように、普通に作業をしますので、結構大変です。

特に、部屋が大きくなればなるほど、タイルカーペットの費用も掛かりますし、それを敷くための労力もかなりのものです。

また、ずれない様に、接着剤や両面テープで固定をすると、後々、タイルカーペットをはがした時に、フローリングなどにテープ跡が残り、これを除去するのがすさまじく大変です。

それが嫌だから、接着剤やテープで固定しないと、簡単にずれてきてしまいます。

ポイントを決めて、両面テープなどで固定するとよいでしょう。

こういった点を注意すれば、少し施工と撤去が大変かもしれませんが、長い目で見た場合、ペットを飼う上では間違いなく敷いたほうが良いかと思います。



まとめ

いかがでしょうか。

今回は、ペットを飼う上で、良い床材についてご説明しました。

普段なじみのないタイルカーペットですが、ペットを飼う上ではとても有効的です。

また、床材以外にも、ペットを飼う上でよい建材についてこちらの記事を

ペットに良いお部屋の建材とは!?~壁紙や障子、建具について~

もしよろしければ、ペット関連のこちらの記事も是非

ペット飼育可の部屋探し~ペット飼育の基準って!?~

 

お部屋探しや、賃貸、売買の不動産に関するお問い合わせによるご相談承っています。

近年は情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼をする為の集客方法に過ぎません。

また、営業の言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?第3者の目によるアドバイス致します。

リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

 ではでは(‘ω’)ノ







-リフォーム・建築, 不動産記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マンションの床のリフォームには注意を~二重床や直貼り?床暖房専用のフローリングって!?~

フローリングを傷つけないように、フローリングの上にマットを敷き、固定の為ちょこっとテープ貼っていたら、引っ越しの時テープにフローリングの面材がこびりついてしまいました。 結局、補修費用が掛かりました・ …

さまざまな壁面収納~施工例からみるいろんな壁面収納~

壁面収納プランを考える際、ちょっと寸法が変わると金額が大幅に変わるので意外と苦労するんですよね! 扉を一緒のサイズにするか、大きさを変えて費用を抑えるかなど色々考えるので、頭がパンクします・・。 どー …

新築工事の工程の流れとポイント~重要なポイントを押さえる~

初めて現場をやった時、工程が全然わからなくて職人さんにボロカス言われたことがありました。 それからは工程の作成には時間を費やすようにしています。 工程表があればとりあえず何とかなる!という持論です。 …

運気が良い間取りとは~風水から見る押さえた方が良い間取りや向き~

毎日のルーティーンのようにスケボーをしていたらなんか色々技ができるようになりました! 継続は大事ですね! どーも、Ponchaです(‘ω’) 今回は風水から見る間取りや向きにつ …

マンションと戸建てで違うキッチンリフォーム~対面キッチンの検討~

キッチンリフォームする時、商品の荷揚げ問題が結構あるあるなのですが、一度9階まで大工さんと荷揚げしたことがありますが、荷揚げ後しばらく現場で死んでました・・。 どーも、Ponchaです(‘ …



建築・リフォーム・不動産業界を渡り歩いた物件大好き人間(‘ω’)

リフォーム・新築・不動産のセカンドオピニオン(‘ω’)

不安を感じている方に対して第3者による情報をご提供(‘ω’)

建物、お部屋に関する不具合の原因追及する
建物トラブルバスター(‘ω’)

お気軽にご相談下さい。

建築や不動産をやるために身に着けた風水や西洋占星術で占いの鑑定してます。

性格がひねくれている為、占いを全く信じない週末占い師です(‘ω’)
鑑定は、真面目やっております。

お気軽にお問い合わせください!

過去に三度ほど地獄を経験した為、人よりタフ(‘ω’)

プライベートでは、スノボーとオフトレでスケボーやっています(‘ω’)

Facebook:https://www.facebook.com/poncha0729

公式LINEアカウント

ID検索⇒@549ktzrs poncha.jです!

QRコード:https://lin.ee/vzdPnpe

Instagram:@poncha.j

プライベートなこと発信してます。

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC3qoVcUinfaz6O4ZvgyFPyQ

最近放置してます・・。