リフォーム・建築 不動産記事

床材と建具のカラーコーディネート~部屋のコンセプトを決める~

投稿日:2021-01-12 更新日:

最近バタバタですね・・。

どーも、Ponchaです(‘ω’)

今回は、リフォームの醍醐味とも言っていい、お部屋のカラーコーディネートについてお話ししたいと思います。

フローリングと建具の色の組み合わせについてになります。

まず、床材と建具を決め方についてご説明したいと思います。

こちらの記事も参考にどうぞ!

色々な部屋の床と建具の施工例~フローリングと建具のさまざまな施工例~

内装建具のリフォームってどんなこと?~木製建具の基礎知識~

内装建具の最近のトレンドは欧米スタイル!~様々な内装建具の事例~

 

リフォームを始める際大半の方は不安を抱えています。

本当にこの金額が合っているのか?このプランで大丈夫なのか?この商品以外はないのか?

近年は情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。

リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。

プロの第3者の目によるご相談を受け付けております。

おかげさまで、大変多くのご依頼有難うございます!

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

種類は無限大、好みは人それぞれ

一昔前までは、新築でもリフォームでもダーク系の濃い床材や建具が主流でした。

しかし、時代が変わっていくとともに、明るい感じの色が主流となってきました。

面白いことに、明るい色が主流になると、どの建物も外装は違っていても内装の雰囲気はどれも同じという現象が起きました。

流行ってすごいですよね(^^♪

当時は、それが人気だったため、どの会社も仕上げは、全てホワイトや明るいメープル色で統一されていることが多かったです。

しかし、デザイン性の建物が注目され始めてから、徐々に仕上げ内容にも変化が出てきました。

建物のコンセプトに合わせてカラーコーディネートを決めるといった、差別化をはかる仕上げが、浸透し始めました。

併せて、リフォームの需要が増えたこともあり、今では決められたカラーコーディネートではなく、自分の好みに合った色を選び自分だけの家を作るようになりました。

少し前までは、この色にこの色を合わせるのは、といったタブー的要素もありましたが、今ではそのタブー的要素ですらも個性として扱うようになり、どれが正解でどれが不正解といった概念は、なくなりました。

売り出す物件は、無難な仕上げを選択する傾向がある

新築の賃貸住宅や、リフォームをして売り出す中古の物件などの仕上げには、比較的無難な仕上げを選ぶ傾向がありました。

それは、単純に万人受けするようにするためです。

賃貸や、売り出しの物件などは、より多くの人に見てもらい、検討してもらう必要があります。

そのため、必要以上に個性がある仕上げにしてしまうと、一部の人にしか評価してもらえず

なかなか、入居が決まらないからです。

特に濃い目の色は、どうしても暗くなりがちで、あまり良い第一印象を与えません。

そのため、白かメープル色を使い、お部屋全体を明るく見せるようにします。

ただ、この考えも徐々に薄れてきました。

個性がある物件の方が今のニーズに合っている

仕上げの色は、まず最初の第一印象を決定づける重要なところです。

そのため、誰が来ても悪い評価を与えないような仕上げの色でコーディネートしていましたが、

結果、悪い評価は受けなくてもいい評価も多くないというのが現状です。

それはつまり、あまり印象に残らないということになります。

どういう理由であろうと、印象に残らなければ、意味がありません。

それよりも、対象を絞った個性的なコーディネートをする方が、好む人は少なくても、イメージが一致した方に当たれば、

話はトントン拍子に進みます。

家に関心を持っている人が年々増えており、こだわりを持ってくれる方がとても増えました。

そのため、賃貸住宅でも、リフォームした中古物件でも、お部屋のコンセプトに合わせてカラーコーディネートをするようになってきています。

無難にしたいならメープル色、モダンに行くならダーク系の色

好みは人それぞれです。

そのため、個性的な部屋にしたい人もいれば、本当に無難な部屋でいいという人もいます。

無難なお部屋にしたい場合は、メープル色がおススメです。

白という人もいますが、白は確かに明るくなりますし、部屋を広く見せることが出来ますが、なによりも汚れが目立ちます。

また、傷も目立つため、何年も住みだすと、いたるところで傷が目立ってきてしまいます。

ですので、部屋も明るくでき、傷や汚れもほどほどに目立たないメープル色良いかと思われます。

逆に、モダンな感じでシックに行きたいのであれば、床材をウォールナットやオークを選定し、建具や家具などをさらに濃い色を選ぶとモダンでシックな雰囲気を出せます。

濃い色を合わせるには勇気がいる

若干ブームが去ってしまった感はあるのですが、一時期モダンやシックなお部屋がとても流行りました。

デザイナーズマンションなどの内装を拝見すると、濃い茶色や黒を基調とし高級感を出したカラーコーディネートで、落ち着きのある仕上げでした。

と、ここまではいいのですが、いざ自分の家もそうしようとした時、なかなか踏み出せないものです。

それは、何故か!?

高級感があり、非日常的な落ち着いた空間ですが、何よりも暗い!!

モデルルームなどの普段味わえない、少し変わったオシャレな部屋など、一時的にいいなーと感じたりしますが、いざ自分の部屋となると、まず最初に考えないといけないのは、住みやすい環境であることです。

そこから、オシャレなどのデザインを考えていかないと、オシャレだけど住みにくい家で終わってしまいます。

ですので、モデルルームやショールームなどモデルとなるお部屋があった場合メリットとデメリット両方考えながら検討するとよいでしょう。

床と建具の色を使い分ける

床材と建具の色をうまく使い分けることで、全体の雰囲気にアクセントをつけることができます。

先程言いました、モダンでシックなお部屋にしたい場合、床材も建具も濃い色にしてしまうと、高級感のあるお部屋になりますが、とても暗くなってしまいます。

そこで、床材を明るい色にすることで、明るさをキープしつつ高級感のあるお部屋になります。

しかし、床材を白にしてしまうと、また人によって当初のイメージと変わってきてしまうので、床材のサンプルと、建具のサンプルを見ながら検討するほうが良いでしょう。

コンセプトを決める

材と建具の色を決めるうえで大事なのが、どのようなお部屋にしたいかということです。

いわば、コンセプトを決めることです。

というのは、色とりどりの家具や机やいすなどを持っているのに、部屋の雰囲気をモダンにしてしまったら、家具と家の雰囲気が全然あってきません。

持っている家具や、どのような雰囲気のお部屋にして家具を揃えるかなどを検討して色を選ばないと、方向性が見えず、統一感のないお部屋になってしまいます。

既に持っている家具などに合わせてお部屋のコンセプトを決めるのか、コンセプトに沿った家具を揃えていくのかで大きく変わってきますので、始めのこの部分をはっきりさせておく必要があります。

壁紙でお部屋にアクセントをつけることもできる

床材と建具のカラーコディネートは、上手く行かなかったからと言って、簡単に交換できるものではありません。

そのため、よく検討をして決める必要があるのですが、悩めば悩むほどよくわからなくなってしまい、先に進めなくなってしまいます。

その場合におすすめなのが、壁紙でアクセントを作る方法です。

床材や建具は、比較的無難な感じにして、壁紙を要所要所でコンセプトに沿った色を選択することで、全然変わってきます。

本当に気に入らなければ、多少お金はかかってしまいますが、張替をしてしまえば、建具や床材を交換するよりか、全然安く済みますし、手軽にできます。

とはいっても、結局は床材と建具の色は何かしら選ぶ必要がありますので、迷ってしまう場合は、家具などに色を合わせるか、床は明るめの色に対して建具を白系にすれば、比較的どの家具を置いても違和感がないようなお部屋作りができます。



まとめ

いかがでしょうか?

今回は、床材と建具のカラーコディネートをする上での注意点やポイントについてお話致しました。

リフォームをする上で、床と建具は部屋の印象の決め手となりますので、是非こだわっていただければと思います!

こちらの記事も参考にどうぞ!

色々な部屋の床と建具の施工例~フローリングと建具のさまざまな施工例~

内装建具のリフォームってどんなこと?~木製建具の基礎知識~

内装建具の最近のトレンドは欧米スタイル!~様々な内装建具の事例~

 

リフォームを始める際大半の方は不安を抱えています。

本当にこの金額が合っているのか?このプランで大丈夫なのか?この商品以外はないのか?

近年は情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。

リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。

プロの第3者の目によるご相談を受け付けております。

おかげさまで、大変多くのご依頼有難うございます!

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

ではでは(‘ω’)ノ





-リフォーム・建築, 不動産記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オシャレな照明でオシャレな空間を演出~様々な照明器具とインテリア~

あとでお話ししますが、過去に300万円するシャンデリアを新築時に設置したことありますが、本当に今だから言えますが、シャンデリアって写真でみるより実物はかなりチープです(笑) どーも、Ponchaです( …

お金がたまりやすい空間を作る!~仕事運、財運を上げる空間つくり~

じめじめした時期が来ましたね! 新型コロナウイルスが少し収まってきたと思ったら今度は、梅雨でなかなかお外にでれなそうですね! どーも、Ponchaです(‘ω’) 今回は、自粛等 …

アクセントクロスの施工例~トイレ、洗面所、無地の壁紙~

個性的過ぎる壁紙を貼った2か月後に、そのお客さんからやっぱり無地の壁紙に貼り直してほしいと依頼がありました! 寝室の正面の壁にめちゃくちゃデカいアニメのワンピースの壁紙。 そりゃ寝れないよ・・。 どー …

リフォーム営業会社の違いとは?~大手と地域密着型の会社どちらのほうがよい!?~

昔大手の会社さんと相見積もりで共同で採寸をしたのですが、店長らしき人は全然仕事ができなかったのに対して、一緒に同行していた担当者がびっくりするほど敏腕でした。 彼はきっと出世するだろうとはたから見ても …

自分で支給した材料・設備を使ってリフォームできるの?~メリット、デメリットがある~

リフォーム費用を抑えるために材料を支給したけど、その材料が使用不可の商品だったことがあります・・。 絶望感が尋常じゃない・・。 どーも、Ponchaです(‘ω’) 今回は、材料 …



建築・リフォーム・不動産業界を渡り歩いた物件大好き人間(‘ω’)

リフォーム・新築・不動産のセカンドオピニオン(‘ω’)

不安を感じている方に対して第3者による情報をご提供(‘ω’)

建物、お部屋に関する不具合の原因追及する
建物トラブルバスター(‘ω’)

お気軽にご相談下さい。

建築や不動産をやるために身に着けた風水や西洋占星術で占いの鑑定してます。

性格がひねくれている為、占いを全く信じない週末占い師です(‘ω’)
鑑定は、真面目やっております。

お気軽にお問い合わせください!

過去に三度ほど地獄を経験した為、人よりタフ(‘ω’)

プライベートでは、スノボーとオフトレでスケボーやっています(‘ω’)

Facebook:https://www.facebook.com/poncha0729

公式LINEアカウント

ID検索⇒@549ktzrs poncha.jです!

QRコード:https://lin.ee/vzdPnpe

Instagram:@poncha.j

プライベートなこと発信してます。

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC3qoVcUinfaz6O4ZvgyFPyQ

最近放置してます・・。