不動産記事

不動産売買の仲介手数料 3%+6万円の6万円って!?~仲介手数料の計算~

投稿日:

初めて不動産売買の仲介手数料の勉強をした時、仲介手数料の計算が色々あって挫折しました・・。実践がない人からすると地獄です・・。

どーも、Ponchaです(‘ω’)

お家を売ったり、買ったりする際、ほとんどの方が不動産会社さんに依頼するかと思います。

無事契約となり、お家を引き渡すと不動産会社さんに仲介手数料を支払います。

その時

『仲介手数料は、売買代金の3%+6万円です!』

と言われることが多いと思います。

この時、中途半端な6万円って何?と思う方も多いはず。

ということで今回は、

不動産売買の仲介手数料の3%+6万円の6万円ってなに?

というテーマでお話をしたいと思います。

この6万円についてちゃんと説明できる人って不動産業界でも多くないんですよね!

6万円っていったいどこから来ているのかご説明したいと思います!

 

関連記事はこちら

不動産購入後のリノベーション、スケルトンって何!?~スケルトンのメリットデメリット~

初めての不動産購入~リノベーション済物件の内装・設備のスペックってどのくらい?~

不動産購入~リノベーション済物件と自身でリノベーション、どちらの方が良い!?~

住宅購入、仲介手数料っていつ払う?一括、分割?~支払えない場合は?~

 

近年は大変多くの情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。

営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?

本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。

リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。

建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

不動産売買における仲介手数料っていくら?

不動産を売ったり、買ったりする場合、多くの方は不動産会社に仲介してもらい、不動産取引を行う方がほとんどかと思います。

無事契約し、引渡しが終われば、仲介してくれた不動産会社さんに仲介手数料を払います。

では、不動産売買における仲介手数料はいくらなのでしょうか?

不動産売買の仲介手数料の上限は売買代金によって異なります。

①売買代金が200万以内

→売買代金の5%+税

②売買代金が200万を超える(200万は含まれない)~400万以内

→売買代金の4%+2万円+税

③売買代金が400万円を超える(400万円は含まれない)

→売買代金の3%+6万円+税

となっています。

 

ここで注意すべきポイントは、仲介手数料の基準となるのは、売買代金ですので、融資金額ではありません

諸費用やリノベーション費用もローンにすると、売買代金より高くなります。

しかし仲介手数料を計算する時は、借入金額ではなく、売買代金であるということに注意しましょう!

 

仲介手数料の上限はあるの!?

不動産売買における仲介手数料にはちゃんと上限があります。

先ほどお話ししました、

①売買代金が200万以内

→売買代金の5%+税

②売買代金が200万を超える(200万は含まれない)~400万以内

→売買代金の4%+2万円+税

③売買代金が400万円を超える(400万円は含まれない)

→売買代金の3%+6万円+税

上記が上限となります。

この上限を超えて仲介手数料をもらうのはNGです。

多くの不動産会社さんは、唯一の収入源である仲介手数料を上限いっぱいまでもらう場合がほとんどです。

逆を言い返すと、上限以上の仲介手数料は請求されません。

もし仲介手数料が高い!と思うときは、計算してみるとよいです!

恐らく、上記の仲介手数料の計算だと思います。

仲介手数料は値引きできるの?

よく聞かれるのが、仲介手数料って値引きできるのか?

というご質問。

仲介手数料は不動産会社さんにとって唯一の収入源の為、基本的には仲介手数料の上限いっぱいまで請求されて、値引きに応じてくれることは少ないです。

ただ、仲介手数料の上限は決まっていますが、値引きはNGという決まりはないので、交渉する余地はあります。

たまに、『仲介手数料は売買代金の3%+6万円と決まっております』

と普通にいっちゃう営業の方がいますが、あくまで上限であって、決まりではないということを間違えないようにしましょう!

 

仲介手数料の売買代金の3%+6万円の6万円とは!?

さてさて、前置きが長くなりましたが、本題をお話ししたいと思います。

仲介手数料の上限について、なんとなく理解できたかと思います。

不動産取引では、多くの場合が400万円を超えることが多いので、仲介手数料については

売買代金の3%+6万円

こちらの金額をメインにお話ししたいと思います。

仲介手数料のお話を聞いた時、最初に気になるのは3%+6万円の6万円ですよね!

なんやねん、中途半端な6万円って!?

もしかして騙されている?

なーんて思っている方は、あなただけではありません。

多くの方が実は思っています。

仲介手数料の計算である

売買代金の3%+6万円

というのは、実は簡易式なんです!

本当は別の計算式が存在します!

本来の仲介手数料の計算式

本来の不動産売買における仲介手数料の計算式は

0~200万円以内の部分

5%

200万を超えて400万円以内の部分

4%

400万を超えた部分

3%

それぞれを足した合計なんです!

ちなみに、ここでは+6万円が出てきませんね~。

これだけだとわかりづらいので、実際に1000万円の物件を購入したていで計算してみましょう。

ここから、数字がめっちゃいっぱい出てきますが、実際にやっているのは小学生の掛け算と足し算だけなので、我慢してください!

 

①売買価格の1000万のうち

0~200万円以内の部分である200万円

200万円×5%=10万円

 

②売買価格の1000万のうち

200万円超える~400万円以内の部分である200万円

200万円×4%=8万円

※ちなみに万を超えて400万円以内の部分なので、200万円です!

0~400万円ではないので、400万円ではありません。

 

③売買価格の1000万のうち

400万円を超える部分である600万円

600万円×3%=18万円

※1000万円-①の200万円-②の200万=③600万円ということです。

 

それぞれの合計である

10万+8万円+18万円=36万円です!

 

今度は簡易式に当てはめてみましょう!

簡易式の場合、売買代金×3%+6万円です!

1000万円の売買代金に3%+6万円となるので

1000万×3%+6万円=36万円です!

 

なんとぴったり!

先ほど①を計算、②を計算、③を計算、その合計と同じですね!

本来の計算式で仲介手数料を計算すると、いっぱい計算しないといけないのに対して、

簡易式だと一つの計算式で仲介手数料が計算できちゃうわけなんですよね!

しかも、本来の計算式で計算すると、式が多い分どこかで計算ミスをしてしまうリスクがあります。

そう考えるとシンプルに簡易式で計算した方が楽ですし、計算ミスもないですよね!

 

仲介手数料は、簡易式で計算されることがほとんど

今お話ししたように、不動産売買における仲介手数料については、簡易式で計算されることがほとんどです。

とはいっても、売買代金の3%+6万円と言われると、6万円ってなんやねん!

って気になりますよね!

6万円は、本来の式で計算した場合の誤差を調整するための6万円です。

ちなみに、簡易式が主流になっている為、本来の計算方法については、ちゃんと説明できる不動産営業の方は、意外と少ないです。

また、中途半端に説明をしてお客さんを余計混乱させてしまう営業の方もいます。

一般の方が知っても仕方ない部分ではありますが、仲介手数料の仕組みも理解して、安心して取引を行いたいですよね!

 

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、不動産売買における仲介手数料の3%+6万円の6万円って何?

というテーマでお話しさせていただきました。

こうしてお話しすると納得できますが、何も知らない状態だと中途半端な6万円が何かわからず、騙されているんじゃないか?と思っちゃいますよね!

このように、ちゃんと理由があるわけなんですが、大きい金額が動き、闇の深い業界ですので、一つ一つちゃんと理解して、安心して取引を行いましょう!

 

関連記事はこちら

不動産売買契約後のキャンセル、仲介手数料ってどうなる?

住宅購入、仲介手数料っていつ払う?一括、分割?~支払えない場合は?~

初めての不動産購入~リノベーション済物件の内装・設備のスペックってどのくらい?~

不動産購入~リノベーション済物件と自身でリノベーション、どちらの方が良い!?~

部分リフォームをした後の傷のトラブル~リフォーム前に確認を行う~

 

近年は大変多くの情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。

営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?

本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。

リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。

建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

ではでは~(‘ω’)ノ





-不動産記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

キッチンリフォームの流れ~キッチンリフォームの依頼からプランを確定するまで~

お客さんと一緒にショールームに行くと、無駄に盛り上がってしまい、気づいたら半日潰れていることがほとんどです・・。 どーも、Ponchaです(‘ω’) 水回りのリフォームといえば …

賃貸住宅アパートとマンションの違いって?~今後の比較は断熱・住宅性能?~

築年数がたっているアパートに子供の頃住んでいましたが、毎日ワンパクで暴れまくって周囲にめちゃくちゃ響いていたと思いますが、とにかく近所付き合いが良かったのでクレームになりませんでした。 皆さん近所付き …

共同住宅のフローリングって指定がある?~遮音等級、LL45、ΔL等級とは?~

フローリングのリフォーム後、傷をつけない様に養生をし、ずれないよう養生テープで固定をしたのですが、完了後に養生を剥がしたら、養生テープの跡が残り、その除去作業が恐ろしく大変でした・・。 どーも、Pon …

新規でエアコンを設置できるお部屋と物件の探し方~物件購入前にチェックする~

量販店から依頼されたエアコン業者さんが、先行配管がしてあるお部屋と知った途端、ここには設置できません!とエアコンだけおいて帰ってしまったことがあります! そんな馬鹿な!と思うかもしれませんが、超あるあ …

レンジフードの交換ってできるの?~キッチン部分リフォームの注意点・流れ~

レンジフードを単体で頼むと商品によっては、割引率が変わり商品代が高くなります。 このトラップに何度ハメられたか・・。 どーも、Ponchaです(‘ω’) キッチンのリフォームは …

建築・リフォーム・不動産業界を渡り歩いた物件大好き人間(‘ω’)

擬音語で会話を成立させる奴(‘ω’)

3度ほどマジで地獄を味わったタフガイ(‘ω’)

人は意外とどこでも生きられます!(‘ω’)

海外と日本の住宅・不動産取引の懸け橋になれるように規模を拡大(‘ω’)

 

プロの第三者の目による不安を感じている方へのリフォーム・新築・不動産の相談所の所長(‘ω’)

住宅に関するセカンドオピニオン、建物トラブルバスター(‘ω’)

リフォームや設計や施工においてこれおかしくない?初めての住宅購入、お部屋を借りるといったご不安、解消致します! お気軽にご相談下さい!!(‘ω’)

賃貸不動産を考えているオーナーさん、住宅購入を考えている方などなど 会社に所属しないからできる上手な不動産購入のお手伝い・物件探し(‘ω’)

賃貸経営する上での物件探しや利回り、上手なお部屋作り(‘ω’)
物件購入後のリノベーションプラン(‘ω’)
裏話や込み入ったお話をしながら相談、購入等のお手伝い(‘ω’)

建築や不動産をやるために身に着けた風水や西洋占星術でたま~に占いの鑑定してます。
占いを全く信じない週末占い師(‘ω’)ノ

プライベートでは、スノボーとオフトレでスケボーやっています(‘ω’)

Facebook:https://www.facebook.com/poncha0729

公式LINEアカウント

ID検索⇒@549ktzrs poncha.jです!

QRコード:https://lin.ee/vzdPnpe

Instagram:@poncha.j

プライベートなこと発信してます。

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC3qoVcUinfaz6O4ZvgyFPyQ

最近放置してます・・。