リフォーム・建築 不動産記事

支給しても大丈夫な商品、危険な商品~施主が支給する材料~

投稿日:2021-02-19 更新日:

今年ってインフルエンザの話題をあまり聞かないのですが、実際はやっているんですかね?

どーも、Ponchaです(‘ω’)

前回施主支給の材料するリフォームのメリットデメリットについてご紹介しました。

自分で支給した材料・設備を使ってリフォームできるの?~メリット、デメリットがある~

今回は、さらに詳細にどういった商品だと支給しても差し支えなく、どのいった商品を支給すると良くないのか、ご説明したいと思います。

 

リフォームを始める際大半の方は不安を抱えています。

本当にこの金額が合っているのか?このプランで大丈夫なのか?この商品以外はないのか?

近年は情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。

リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。

プロの第3者の目によるご相談を受け付けております。

おかげさまで、大変多くのご依頼有難うございます!

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

材料発注して良い商品、悪い商品

前回の記事を見ていただいた方ならなんとなーく感じるかもしれませんが、私は、施主様が材料を支給するのを、正直おススメしていません。

ですので、私はいつもお金以上に、労力や時間の方が価値がある説得して任せてもらうことが多いです。

それでも、中には自分で発注したいというお客様もいらっしゃいます。

なかなか手ごわいお客様です(笑)

もちろん、お互い合意・納得の上ですけどね

そういったお客様についてどの商品を購入をするかしっかり判断し、大丈夫であれば購入してもらいます。

ただ、本当におススメできない商品は、後々トラブルになるので、やめておいた方が良いです。

お客様支給でも良い商品

・同じメーカーのウォシュレット

・品番が全く同じでリフォーム会社に確認済みの

・コンロ

・エアコン、照明器具(確認は必要)

・水栓関係

こんなところですかね。

少額だから失敗しても、最悪何とかなるという意味も含まれています。

発注に関して注意点があるので、後でご説明します。

ちなみに、材木やちょっとした金物関係

まあ、桟木、ベニヤ、取付金物や、少額の金物など、これに関しては、確かに、お客様がホームセンターなどで購入したほうが安く済みますが、金額で言うと、何十円、何百円の世界です。

その金額の為に、わざわざ自分で購入するのは、はっきり言ってしまうと、時間と労力の無駄です。

その金額の為に費用を下げるのであれば、リフォーム会社に何百円値引きをお願いするほうが、全然効率的です。

お客様支給が危険な商品

・高額な住設機器(お風呂、キッチン)

・フローリングや建具

高額になればなるほど、金額を抑えられるので予算を下げれるのですが、間違えた時はもう目もあてられない!!

ユニットバスは、過去に聞いたことがありませんが、キッチンはたまにお客様支給ありますね。

キッチンの場合で一番多いのが、IKEAさんの商品

見た目がオシャレで、金額も安い

私もIKEAさんファンなので、家具などもよく購入しますが、組立が物凄い大変です。

プロの方々も口をそろえて言いますね。

追加費用をもらわないと割に合わない・・。よくつぶやいてます(笑)

慣れない組み立て方や施工だったりするのもありますが、説明書の内容がちがったり、部品が入っていなかったり、部材同士が納まらなかったり。

いやいや、説明書と違うってありえないでしょ?と思う方もいらっしゃると思いますが、結構適当なんですよね。

全部が全部ではないのですが、たまにあります。

そして何よりIKEAさんの商品、説明文が英語で読めないと(笑)

かなり苦労して設置しています。

それでも、出来なくはないので、どうしても気に入っている場合は、相談してみると良いです。

微妙なラインの商品

・給湯器

・浴室暖房乾燥機

上記商品は、品番さえわかれば、ネットで安く購入できる商品です。

しかし、商品を選定するにあたり、同じ機能の商品でも、設置条件によって商品が変わるため、注意しておかないといけません。

わかりやすいところで、給湯器はプロパンなのか、都市ガスなのか、壁掛け据置なのか。など

浴室暖房乾燥機で言うと1室換気、2室換気、3室換気なのか、素人では判断しにくい為、あまりおススメはしません。

ただ、商品自体に絶対の自信があれば、支給したほうが、コストを下げることができます。

発注関しての注意点

先に言っておくと、お客様支給で良い商品でも、おススメしない商品もあればあまり好ましくない商品でも、ポイントを掴んでいれば支給して問題ない商品もあります。

商品を発注するにあたって、必ずおさえておくべきポイントがあります。

取付方法を確認しておく

これは、一見手軽に発注ができ、取付も簡単にできるイメージが強い水栓金具や照明などに該当します。

商品を選定する上で、現在がどのような形状の商品が設置されており、これからつける商品がどういった設置をしないといけないのか、それを理解していないと、危険だと言えます。

照明器具で言うと、ローゼットに直接つけられるのか、

(照明に関しては、こちらを参考にして下さい

LED照明や引掛シーリングって!?~照明についての基礎知識~)

配線を直接つながないといけないのか?

重量的に問題ないのか?

この辺をおさえておかないと、いざ取り付けようと思っても、取り付けられないという事態が発生します

やはり、発注前に一度相談をした方が良いと言えます。

全く似た商品でも、品番が違うと何かある

機能も外観も全く同じなのに、何故か品番が違う。

これには、必ず意味があります。

給湯器やコンロに多いのが、プロパンガスなのか、都市ガスなのか。

これらは、大きくプロパンガス用、都市ガス用とうたっているわけではありません。

プロの方は、その辺を理解しているので、商品が全く同じようなものでも、品番が違えば、必ず確認します。

このように、リフォームの需要が増えたおかげで、商品も、いろんな場合に対応できるように、同じ商品、同じ機能でも、この場合は、この商品、その場合は、あの商品といったように、細かく分かれています。

そこを、完全に理解するのは、プロの方でも難しく、メーカーに問い合わせをしたりし、都度情報を受信する必要があります。

フローリング等の建材の支給は危険!?

あまり多くはないのですが、フローリングなどの建材を支給したいというお客様がたまにいます。

建材関係は、厚みや幅といった部分が選定するポイントとなるため、そこさえ押さえておけば、商品の発注ミスはあまり起きません。

それ以上に大変なのが、数量の計算です。

数量が足りなければ、足りない箇所の施工で2度手間になりますし、かといって多く発注すれば、余った材料の処分や保管方法を検討しないといけません。

丁度の数量で発注する必要があるのですが、これが、意外と難しいです。

まあ、余る分には、あとでどうするか考えればいいのですが、足りないは、最悪のパターンです。

追加の材料がすぐに来なかったり、それが原因で次の作業が出来なかったり。

正直リスクの方が大きいです。

というのも、建材関して、リフォーム会社は、比較的安い金額で仕入れることができますので、

リスクに比べて、支給したのにもかかわらず、金額はそんなに変わらないので、あまりメリットが感じられません。



一番多いトラブルが、アフター対応

前回少し話題に触れましたが、施主支給の材料を使うことに抵抗があるのは、金額面の問題だけではありません。

支給材に関して、トラブルで一番多いのが、アフターの対応です。

通常に設置しても、使えば劣化してくるもの。

しかし、使ってまだ1年も立たないのに故障した場合、やはり、なにかしら不備があったと考えるのが普通です。

通常だと、リフォーム会社に連絡をして対応してもらいますが、それが施主支給の材料だった場合、施工したのは、リフォーム会社でも、材料自体は、お客様。

そのため、クレームを言って対応してもらっても、自分たちの施工に不備が無ければ、材料側に問題があると言います。

自分たちが発注したわけではないので、基本対応はしません。

まあ、簡単に言うと、材料の不備はお客様側で対応してねということです。

リフォーム会社も、商品を提供した側もどちらも、基本非は認めたくありませんから、原因がはっきりしない限り、責任のなすりあいになります。

こんな書き方をすると、リフォーム会社の対応が冷たく感じるかもしれませんが、やはり、ビジネスでやっている以上、

その線引きをなくしてしまうと、成り立たなくなってしまいます。

もちろん、人間ですので、簡単に割り切った言い方はできません。

かといって親切心で対応した場合、完全に解決するまで、投げ出せなくなってしまう為、下手に対応するわけにもいかないのです。

お客様側も冷たいと感じるかもしれませんが、リフォーム会社側も、いい気持ちではありません。

ですので、支給の話をした際に、『責任はとれませんよ?、対応できませんよ?』

といった前置きが必ず出てくるのです。

こういった、金額以外の背景を全て検討したうえで、発注するようにしましょう。


まとめ

いかがでしょうか?

今回は、具体的に支給しても大丈夫な商品、危険な商品についてお話ししました。

前回の記事も合わせて、メリット、デメリット支給商品の良し悪しを検討し、必ず相談してから決めるようにしましょう。

自分で商品知識つけたいというのであれば、一度ショールームなどに足を運んでみるのも一つの手ではありますよ!

 

リフォームを始める際大半の方は不安を抱えています。

本当にこの金額が合っているのか?このプランで大丈夫なのか?この商品以外はないのか?

近年は情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。

リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。

プロの第3者の目によるご相談を受け付けております。

おかげさまで、大変多くのご依頼有難うございます!

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

お仕事のご依頼・ご相談はこちら!

お問い合わせは、こちら(‘ω’)ノ

LINE公式アカウント:ID検索は⇒@ 549ktzrsでponcha.j

下記よりも登録できます(‘ω’)

友だち追加

 

ではでは(‘ω’)ノ





-リフォーム・建築, 不動産記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風水から見る運気が良い不動産~賃貸と分譲、新築と中古どちらが運気が良い!?~

少し前までスマホなくてもそんな気にしていませんでしたが、最近はスマホがないと仕事に支障が出ちゃいますね・・。 どーも、Ponchaです(‘ω’) 今回は不動産も絡めた風水のお話 …

キッチンリフォームの工事の流れ・工程について~キッチンリフォームの注意点~

初めてキッチンの商品を発注した時、サイズを間違えて取りつかないことがありました。 最終的に何とかなったんですが、この世の終わりかと思うぐらいめちゃくちゃ焦りましたね・・・。 どーも、Ponchaです( …

住みながらのリフォームのコツ~在宅での工事は大変~

在宅工事でリフォームをした際、いつもご自宅にいるおばあちゃんが毎回下着姿で出てくるので、目のやり場にも、挨拶していいのかにも困りました・・。 どーも、Ponchaです(‘ω’) 今回は、住みながらリフ …

賃貸住宅のリフォーム・修繕って勝手にしていいの?~自身で設備の交換してもいい!?~

冬の雨ほど悲劇はないですね・・・。 どーも、ponchaです(‘ω’) 最近よく、賃貸住宅に住んでいて自身で勝手に修繕やリフォームしても大丈夫ですか? と聞かれることが多いです …

上張りフローリングを検討する~上張りができない場合ってどんな時?~

昔、友達の家の床をDIYで上張りしたことがあります! びっくりするぐらい下手で、最終的に職人さんに仕上げてもらいました・・。 やっぱりプロってすげえ! どーも、ponchです(‘ω&#82 …



建築・リフォーム・不動産業界を渡り歩いた物件大好き人間(‘ω’)

リフォーム・新築・不動産のセカンドオピニオン(‘ω’)

不安を感じている方に対して第3者による情報をご提供(‘ω’)

建物、お部屋に関する不具合の原因追及する
建物トラブルバスター(‘ω’)

お気軽にご相談下さい。

建築や不動産をやるために身に着けた風水や西洋占星術で占いの鑑定してます。

性格がひねくれている為、占いを全く信じない週末占い師です(‘ω’)
鑑定は、真面目やっております。

お気軽にお問い合わせください!

過去に三度ほど地獄を経験した為、人よりタフ(‘ω’)

プライベートでは、スノボーとオフトレでスケボーやっています(‘ω’)

Facebook:https://www.facebook.com/poncha0729

公式LINEアカウント

ID検索⇒@549ktzrs poncha.jです!

QRコード:https://lin.ee/vzdPnpe

Instagram:@poncha.j

プライベートなこと発信してます。

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC3qoVcUinfaz6O4ZvgyFPyQ

最近放置してます・・。